2008年04月02日

花屋でバイトしてます

花屋でバイトしてます。
花屋でバイトしてるから花言葉に凝っています。

花言葉は、フラワー・ランゲージとも呼ばれ、伝説や性質などがにもとづいて、象徴的な意味どご持たせた言葉だス。


 んだばや、バラ。バラの花言葉といえば、愛・愛情・恋・美といったものが有名だス。

 ギリシャ神話では、愛と美のおなご神アフロディーテが誕生した際、大地が同等の美として生み出したのがバラの花といわれてるス。

 中世では、バラは聖おがマリアの愛と優美さどご象徴。キリスト教では、殉教や復活どご意味するほか、トゲは罪の象徴であるいわれてるス。

 バラの花言葉のひとつ「秘密」は、バラがギリシャ神話の沈黙の神ハルポクラテスに与えられたとしゃべる故事や、ローマ時代のバラの花どご吊るした宴会での話は秘密にするとしゃべる風習からきてるといわれてるス。


 バラの花言葉は、国によっても異なり、花の色や部位、状態や種類によって変わるんてが。

 白いバラのつぼみ、枯れた白のバラ、中輪の黄色のバラ、大輪の黄色のバラ、赤いバラの葉、赤いバラのつぼみ、黒みがかった赤いバラ、満開のバラ、多弁のバラ、一重のバラ、野バラ、トゲのねバラ、赤と白のバラの組み合わせ、赤白斑入り……。

 バラの葉や、枝、トゲにまで、それぞれ花言葉があるんてが。


 園芸品種としてのバラには、花言葉ならぬ、品種名として、「恋心」や「乾杯」とい「希望」「栄光」「夢」「ときめき」といった日本の品種のほか、「ピース(平和)」、「スーパースター」、「ダイヤモンド・ジュげっぱー(ダイヤモンド婚)」、「ファースト・ラブ(初恋)」といった名めの世界的な名花があるんてが。

 品種名が花言葉としゃべる感じだな。


 花言葉は花だけにとどまらず、葉ものや、木にも言葉があるんてが。

 昔のイギリスの貴族は、花に秘めた想いどご託して相手に花どご贈ったといわれます。

 プレゼントに花束どご贈るとき、花言葉どご考えて贈りたいところだども、てっぺの意味や正反対の意味があったら、困るんてがなァ。

 んだども、大好きな花なら、どんた花言葉でもOKなのは請け合いだス。


posted by 大介 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。